検査キットなら一人で完結!

 

検査キットを使った検査は匿名で検査でき、検体の採取から検査結果の確認まで一人で完結できるのが最大のメリット

なぜ匿名で検査できるのか?

購入者と検査結果を関連付けしていないからです。
キットが届いたら自分の検体を採取し、検査機関に郵送するわけですが
検査機関に郵送する時点で名前ほか、個人情報の必要はありません。
IDで管理され、誰の検査結果かわからないシステムになっています。

 

郵便局留め、宅急便の営業所留めなら同居人にも知られることなく検査ができます。
検査キットによっては局留めに対応していないサービスもあります。購入前にチェックしておきましょう。

郵送検査の基本的な流れ

 

 

クラミジアの検査キットで採取する検体は

 

男性はおしっこの採取、女性は綿棒で膣内をこすって分泌液を採取するのが一般的。

 

検体を採取したら検査センターに送って、後は結果を待ちましょう。

 

検査結果もWEBで確認できる所が多く、PCかスマホ、携帯があれば誰にも知られること無く検査結果をできます。

実は病院で検査するより安い

クラミジア単体のキットなら価格は4,000円前後

 

病院で自費診療するより安く検査ができます。
保険診療でも3,000円前後は必要で、病院へ往復する交通費も考えると、検査キットの方がリーズナブルです。

病院と同等レベルの検査

検査費用だけでなく検査精度も気になる所ですが、郵送タイプの検査キットは通常、「登録衛生検査所」で検査を行なっています。(当サイトで紹介しているキットも全て登録衛生検査所として認可されています。)

 

登録衛生検査所とは法律で定められた基準、検査体制を満たした検査施設で、病院や保健所もこの登録衛生検査所を利用しています。

 

ですので検査キットでも病院での検査と同等レベルの検査を受けることができます。

妊娠検査薬のように結果がその場でわかるタイプの検査キットには注意してください。
模造品や検査精度が疑問視されているものがネット上で販売されているケースがあります。

 

ほとんどメリットしか見つかりませんが、あえて郵送検査キットのデメリットをあげるとすれば
検体採取のミスか検体を返送時に運送の途中で紛失する可能性がゼロではない事くらいではないでしょうか。

まとめ
・検査はID管理だから匿名
・病院や保健所と同等レベルの検査ができる
・病院で検査するより安い事が多い