女性のクラミジアの症状

女性のクラミジアの症状を知ることも大切ですが、その前に
クラミジアに感染したほとんどの女性(約75%)は症状を感じないということを覚えておきましょう。

 

約7割以上が無症状

 

症状がでていないからといって安心できないということです。

 

クラミジアの症状を感じないのは、男性も同じ、男性の約半数は症状を感じません。

 

(参照:男性の症状はこちら

 

「彼氏や夫が大丈夫そうだから私も大丈夫」

 

という間違った判断をしないように注意しましょう。

 

女性のクラミジア、主な症状

 

おりものの変化、異常
おりものの色が変、量が多くなった、においがキツイ、臭い、血が混じる

 

不正出血
生理不順との見極めが難しい所ですが、出血してもすぐ止まる⇒また出血と繰り返すようなら要注意、不正出血は子宮筋腫や子宮がんなどの深刻な病気が隠れている場合もあります。

 

セックスで挿入されると痛い(性交痛)

 

おしっこの時痛みを感じる(排尿痛)

 

頻尿

 

骨盤の痛み
クラミジアの感染が原因で骨盤の痛みが出ている場合は、かなりクラミジアが進行している恐れがあります。

 

 

感染のきっかけから症状が出るまでに少なくとも1週間から3週間は必要と言われています。

 

クラミジア菌はまず子宮の入り口付近(膣の奥)から感染し、だんだんと体の内部に進行していきます。

 

放置しておくと肝臓付近にまで進行し炎症を起こす場合もあり激しい腹痛で救急搬送される女性も少なくありません。

 

 

ただ、ここで紹介した症状があるからといってクラミジアかどうかを判断することはできません。

 

国内の性感染症でクラミジアに次いで感染者数の多い淋病でも同じような症状がでます。

 

まとめ
・ほとんどの女性が症状を感じない
・症状からクラミジアを判断することは難しい
・症状が出るまで1週間から3週間はかかる