男性のクラミジアの症状とは

症状を感じるのは約半数

男性の場合、クラミジアに感染しても約半数の人は何の症状も感じません。
ですので「症状が無いからたぶん大丈夫」という根拠の無い安心は禁物です。

 

約半数が無症状

 

女性も75%は無症状

女性は男性よりも症状を感じにくく、クラミジアに感染している女性の約75%は無症状であると言われています。詳しくは⇒女性の症状を御覧ください。

 

カップルでお互いが無症状の場合、なにも気づかないうちに病気だけが進行していくことになります。
治療せずに病気が進行すると、相手の女性は高い確率で不妊症になります。

 

クラミジアは症状が出にくいため、感染に気づかず重症化させてしまったり、次から次へと感染を拡大してしまう事の多い病気です。

 

フェラチオでも感染します

約半数が無症状

クラミジアは喉にも感染する性病です。相手の喉が感染していたなら、唾液を通じて尿道の粘膜から感染することがあります。また、同じく淋病もフェラチオから感染する事が多く、注意が必要です。

性風俗でコンドームを付けずにサービスを受けた場合は特に注意してください。

 

 

男性のクラミジア、主な症状

  • おしっこすると痛みがある
  • 尿道がムズムズする、かゆみがある
  • 尿道から膿がでる
  • 軽い発熱
  • 睾丸の腫れ(精巣上体)

 

クラミジアの膿には少し特徴があります。
色は透明もしくは白っぽく、粘りが少なくさらさらしているのが一般的です。
変わって、淋病では黄色がかったクリーム色で、粘りが強い特徴があります。
ただ、炎症の度合いや個人差があることも考えられるので膿の状態だけで判断できるものでもありません。

 

「尿道から膿が出た」となれば男性ならほとんどの人が性病だと思い、泌尿器科へ即受診されると思いますが

 

見過ごしてはいけないのが尿道のムズムズ感や、わずかな痒みや痛みです。

 

「症状が軽いから」と甘く見ず、わずかでも違和感を感じるなら性病を疑ってみた方がよいでしょう。

 

相手に感染を広げないためにも性交渉を控え、早急に検査されることをおすすめします。

 

クラミジア、淋病の検査は男性の場合、尿検査でOKです。

 

まとめ
・約半数は症状を感じない
・膿は少量でさらさら、白っぽい事が多い
・尿道のムズムズ感、痛み、痒みは要検査