【男性編】クラミジア検査って痛い?恥ずかしい?病院、保健所で実際に行われている検査方法とは

 

「痛いって聞いたけどホント?」

 

「看護師さんに見られたりするの?」

 

「先生に見せたり触られたりするの?」

 

クラミジア検査となると場所が場所だけに恥ずかしい思いをするんじゃないか?痛い思いをするんじゃないか?不安になるのは当然です。

 

それではいま、実際に行われているクラミジア検査がどういうものか解説していきます。

 

痛かったのは昔の話

「尿道を綿棒でほじくられてめちゃくちゃ痛いぞ」なんて年配の方に脅しをかけられた、という方もいるでしょう。
でも、これは昔の話なので安心してください。
綿棒で尿道をグリグリして検体採取するような検査は今は行われていません。

 

今は尿だけで検査できます

クラミジアの検査方法はどんどん進歩しています。現在の主流は尿検査です。
尿検査なら自分でおしっこを採るだけだから恥ずかしくもなんともありません。ナースや医師にズボンを下ろして見せる必要もありません。

 

女性の検査は大変、大切にしてあげよう
女性の尿検査はまだまだ男性ほど普及していません。
男性は尿道に感染するのに対し、女性は主に膣が感染するからです。
膣からの検体採取は病院では主に医師が行うので女性にとってはとても恥ずかしいものなのです。
大切な女性にそんな思いをさせないよう、コンドームなしの性交には注意してあげてください。
※女性も尿で検査ができる方法が開発されましたがまだまだ普及には時間がかかりそうです。

 

わずか数個の菌でも検出、尿検査は精度もピカイチ

クラミジアの尿検査は遺伝子検査というもので菌をDNAで検出します。
わずか数個の菌でも検体に含まれていれば検出できると言うほど感度が高く、精度の心配はいりません。

 

 

病院 保健所 郵送検査ではどう違う?

 

尿検査は痛くない、恥ずかしくない、精度が高い、ということで今の主流となっていますが、どこでも尿検査だけをしてくれるわけではありません。
病院 保健所 郵送検査でどう違ってくるのかまとめました。

 

病院


場合によっては見られる事も

 

病院では医師の診療方針が優先されます。
性病検査は視診もするのが基本、と考えている医師も少なく有りません。

 

ですが、恥ずかしさが検査の妨げになっていることは多くの医師が認めていることで今ではそういった患者の恥ずかしさへの配慮のある病院も増えてきました。

 

視診が嫌だ、必要ないと思うなら「尿だけで検査して欲しい」と言っても何もおかしなことではありません。

 

見られるのに抵抗があるなら、事前に検査方法について問い合わせておきましょう。病院によってはHPで確認できるところもあります。

 

何科を受信すればいい?
男性の性病検査は泌尿器科もしくは性病科(性感染症科)が一般的です。
咽頭クラミジア、咽頭淋菌など喉の性病も検査したいなら性病科を受診されるとよいでしょう。
喉の性病は耳鼻咽喉科の範囲になりますが、病院によっては検査を行なっていない所もあるので注意してください。(参考ページ:咽頭クラミジアとは)

 

気になる症状があるならちゃんと診てもらおう
性器の病気はクラミジアだけではありません。尿道のかゆみ、痛み、違和感や膿が出るなど気になる症状があるなら医師の支持に従ってちゃんと診察してもらいましょう。

 

保健所


検査は無料、日程、検査方法の事前チェックは必須
保健所のクラミジア検査は血液検査か尿検査のどちらかです(施設によって違い)。なので恥ずかしい思いをすることはないでしょう。

 

ただ、尿検査だった場合でも採血は絶対にしないといけません。なぜなら保健所の検査はHIV検査(血液検査)が必須だからです。

 

HIV検査が必須で希望者のみクラミジアや淋病も検査するというスタイルをとっています。

 

保健所では毎日検査しているわけではなく、HIV検査しかしていない施設もある事にも注意。検査に行くなら事前のチェックは欠かせません。

 

血液検査が大半、検査精度はいまいち
保健所でのクラミジア検査はおよそ8割が血液検査(抗体検査)になります。
尿検査をしてくれるのは全体の二割弱くらいです。
(グラフ:保健所での検査方法の違い)

 

クラミジアの血液検査は正確性に問題があり、注意しなければいけないポイントがあります。

 

また、採血なので若干の痛みはあります。

 

保健所で主流、血液検査(抗体検査)の残念なところ

 

1)感染から3ヶ月以上たってないと意味が無い
 血液検査では血液中の抗体を検査します。クラミジアに感染しても体内で抗体が作られるまでには3ヶ月はかかるといわれ、人によってはもっと時間が掛かる場合もあるようです。その為、最近、感染の可能性があった人にはおすすめしません。

 

2)過去の感染にも反応してしまう
過去にクラミジアに感染したことがあると治癒していても陽性となってしまう事が多く、正しく判定できません。

 

尿検査(遺伝子検査)では、感染(行為)から2〜3日で検査可能です。
クラミジア検査は尿検査(遺伝子検査)の方が感度がはるかに高く、誤検出(擬陽性)も少ないのでおすすめです。

 

○地域別に保健所が探せるサイト
  HIV検査相談マップ

 

検査項目、検査スケジュールほか尿検査できる保健所も探せます。

 

郵送検査(キット)


メリット多いが症状がない人限定

 

郵送検査では尿検査(遺伝子検査)が主流です。
遺伝子検査だから精度が高い、見られたり触られたりすることもない、とメリットばかりが目立ちますが
郵送検査は無症状者のための検査ということは忘れないで下さい。

 

すでに気になる症状があるなら自己判断で検査だけをするのはよくありません。
症状があるときは迷わず病院で医師の診断を受けましょうね。

 

病院 保健所 郵送検査の比較表

 

検査方法の比較表

  検査方法
病院 尿検査が主流だが医師の判断による
保健所 血液検査約8割、尿検査約2割
郵送検査 尿検査
検査方法 検査可能まで 精度
尿検査 感染(行為)から2〜3日
血液検査 感染(行為)から3ヶ月以上

料金の比較表

  料金
病院 およそ1万円(保険適用なら約3千円)
保健所 無料
郵送検査 およそ4千円

 

このページのまとめ

  • 検査が痛かった(尿道グリグリ)は昔の話
  • 今は尿検査が主流、尿検査なら恥ずかしくない
  • 恥ずかしいのが心配なら事前に検査方法を確認(病院の場合)
  • 保険所の血液検査は精度に問題あり